伏見たかし プロフィール 昭和43(1968)年4月25日生
枚方市長
家族構成
妻・息子(H18.4 生まれ)・娘(H18.4 生まれ)・私の4人
兄弟は兄、姉、弟の4人兄弟
趣 味
野 球
小さい頃から大好きでした。高校野球はショートで1番、5番、6番を打つ。右投げ左打。3年の春夏予選はいずれも4回戦で敗退。会社の野球部では投手で主将を務めました。ちなみに阪神ファンです。
柔 道
大学2回生のときに池之宮の中村道場に通い始めました。東京時代は講道館に週2回。親戚に柔道家が多く、柔道の血が流れているのかも知れません。現在2段。腕前はたいしたことありません。
旅 行
学生時代は北海道へバイクで。
会社時代の旅行で印象に残ったのは、阿波踊り、郡上八幡、エジプト。
伏見たかし 経歴
  • 昭和43(1968)年4月
    枚方市で生まれる
  • 昭和49(1974)年4月
    うみのほし幼稚園に入園
  • 昭和50(1975)年4月
    枚方市立高陵小学校に入学
  • 昭和56(1981)年4月
    枚方市立第一中学校に入学
  • 昭和59(1984)年4月
    大阪府立寝屋川高校に入学
  • 昭和62(1987)年4月
    代々木ゼミナールに入校
  • 昭和63(1988)年4月
    京都産業大学経営学部に入学(平成5年3月卒業)
  • 平成3(1991)年4月
    大学を休学。米国ウェストバージニア州に留学(平成4年3月に帰国)
  • 平成5(1993)年4月
    極東貿易(株)に入社。 東京本店軽機械部に配属。
  • 平成12(2000)年
    政策学校「一新塾」に入塾
  • 平成13(2001)年8月
    極東貿易(株)を退社。枚方に戻る。
  • 平成14(2002)年3月
    結婚。
  • 平成14年4月
    立命館大学大学院政策科学研究科博士課程前期課程に入学。(平成16年10月退学)
  • 平成15(2003)年4月
    枚方市議会議員選挙に当選(無所属)(3,410票、定数36人中23位)
  • 平成19(2007)年4月
    枚方市議会議員選挙に再選(無所属)(4,393票、定数34人中7位)
  • 平成23(2011)年4月
    大阪府議会議員選挙に当選(みんなの党公認)(14,993票、定数5人中5位)
  • 平成27(2015)年4月
    府議会議員選挙に立候補せず任期満了。
  • 平成27年8月
    枚方市長選挙に当選(大阪維新の会推薦)(55,156票、立候補4人中1位)
なぜ、会社員を辞めて政治の世界に?
①会社員の生活では、毎朝早くに決まった電車で出勤し、夜遅くに帰宅。週末はプライベートで外出。 毎月、税金は確実に給料から天引きされるが、政治や行政に全く関わりのない生活の中で、行政サービスを受けている実感はほとんどない。

②仕事で官庁との取引があり、営業のほか入札の準備から製品納入までの手続きに携わる。 その中で、官庁職員の不適切な行為を何度も目の当たりにする。民間企業との違いを痛感する。税金で運営されている当該官庁の体質にやりきれない思いが募る。

③テレビや新聞では、政治家の汚職や行政の不祥事が連日のように報道されている。逮捕された政治家が選挙で再選される現実に憤懣やる方ない思いが募る。

④会社に勤務しながら政経塾に通う。親族に政治家がいなくても、知名度がなくても、経済的に裕福でなくても、選挙に当選できる可能性があることを知る。

⑤既得権を持つ団体の声は行政に反映されるが、納めた税金を本当に必要なところに使って欲しいと願う大勢の声なき声は行政には届かない。会社員あるいは納税者の声なき声を行政に届けたいという思いのもと、政治の世界に入ることを決意する。会社を辞めて故郷に帰ることにした。